スポンサーサイト

0
    • 2014.03.29 Saturday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    えみおわすの展示 山梨 昌福寺

    0
      13日えみおわすの展示へ山梨県の昌福寺へ行ってきました

      夜勤あけのまま新宿へ向かい、ベルクで生ビールとモーニングを食べてバスへ乗りました。(さいこー!)

      お隣のご婦人がとてもすてきな方で、「今日は暑いわね〜」「渋滞がすごいらしいわよ」「どちらまで乗るの?」とかたくさん話してくださり、楽しかった。となりの席の人と初対面でこんな風におしゃべりするのは理想です

      わたしも調子にのってえみおわすの服の展示会へ行くんですとお話しました。興味を持ってくれたようで、ケータイでえみおわすのHPも見せたりして。

      降りるとえみおわすの服をきた女の子がひとり。昌福寺まで一緒に行くことに。うれしいいいい!

      いろんなお話をしました。


      お寺について石田紀香さんの昌福膳をいただきました









      おいしかった。


      この漆の御膳を運ぶ女性たちの歩く姿がまたたまらん。趣深いというかなんというか…うつくしい


      友達のゆいちゃんにも会えて、初めて西淑ちゃんにも会えてうれしかった。楽しかった



      狙っていた白いカレンシャツも買うことができました

      コットンリネンの巻きスカートもめちゃくちゃ欲しかったんですが、ぐっと我慢。次の展示のとき買えるかなぁ


      帰りも行きのときの女の子と一緒に帰りました。

      雨が降ってきてすでにバス停に並んでる地元の方っぽい女の子がぶどう畑の葉っぱの下で雨宿りてたので、私たちもそうした

      ぶどうの葉っぱの下で雨宿りする娘3人。この絵、絶対かわいいべー


      やぁ、行ってよかったっす


      夜勤生活

      0
        夜勤という、朝起きて夜は寝るという人間の生活リズムとは逆のことをしています。

        仕事はハードだけど給料はいい

        別にこの仕事嫌いじゃない

        一生やりたいとは思わないけど


        今まで目指してきた「好きなことを仕事にする」「人間らしく暮らす」とは違う観点で仕事をしています

        この経験を経て、わたしはどういうスタイルで働くのが合うのか少しは広がるかな、と

        さ、仕事もどります

        はたらきたい展など

        0
          ほぼ日のはたらきたい展。渋谷パルコパート1でやってます




          ほぼ日のはたらきたい。という本を読んでいました



          いつも働くってなんなんだろうと思ってた


          それはイコール生きるってなんだろうと同じ


          この展示に行ってその答えがみつかったわけではないけど、とにかくみうらじゅんのインタビュー映像が最高でした


          みうらじゅん。

          好きです。モテるよねー


          今のあまちゃんブームについて

          みうらじゅんは15年前から海女ブームと言ってた。さすが 笑

          海女をAMAとかいてアマとよぶ。アの方にアクセントをつけて



          定職についてのインタビューで

          「定職なんてない。定まった職なんてない。高円寺の定食屋に行ったとき、定食がはじめオムライスだったのに、いかの生姜焼きに変わってた。それと一緒。定職の職が食に変わっただけ」

          と、いってて仕事が全く続かない私は勝手になぐさめられました。


          ていうか、そもそもひとつの職業をずっと続けるのが正しいなんて誰も言ってないのに、なんとなくそれができない自分を責めたりダメな人間だと思ったりして。

          思い込みカオス


          わたしはまさに定職につけないタイプ。色んな職業を経験してみたいし


          それを認めようじゃないかええじゃないか


          あとね、みうらじゅんを見てて思ったのはもっと素直にモテたいとか、ほめられたいとか言ってもいいんじゃないかと。


          なんかそれを言うのってダサいというか、かっこわるい、恥ずかしいような気がしてた


          わざわざ口に出さなくてもいいけど、もしそう思う気持ちがあるなら抵抗せず、よしよしとしたい

          きれいになりたい


          かわいくなりたい


          お金ほしい


          などなど…





          朝の女性専用車両に初めて乗った。


          女性専用車両という、ある意味こわい車両。なんとなく男性もいる車両の方に乗りたいと思ったが、その車両があまりにひどい満員電車状態で、女性専用車両の方が余裕がありそうだったのでそちらに乗った



          乗ってみると女性専用車両も楽しかった。女性と言っても本当いろんな女性がいて。


          朝の通勤ラッシュなのでOLさんが多いですが、服装とか髪型とか見てるの楽しい。

          いい匂いがするし、男性よりみんな体が小さいしかわいいからか、そんなにぎゅーぎゅー感もなかった


          その中に仕事あがりの汗臭いおっさんのようなわたしが乗って、なんだか申し訳なく思う


          でも誰か忘れたが男性有名人が言ってた「女性は全員愛しい」みたいな言葉がわかる気がした


          女というだけで愛らしい存在というか


          女性はいいなぁと思った。かわいい




          荷物の仕分けのバイト激しく重労働で、同じ深夜の仕事なら水商売の方が体力的にはきっと楽だし(会話とか人間関係などは相当高いレベルを要求され、ストレスがあると思いますし、ビジュアルとかもろもろすごい世界であり、決して水商売が簡単だという意味ではないです)女だったら女らしさを活用してその方がいいんじゃないか。などと思ったりします



          だからこういう重労働のところで働く女性は女をこじらせてる?などと思ってみたり



          ・・・考えすぎだと思います



          わたしは少しこじらせてる気がする


          でも水商売とか、まずわたしの見た目的にNGがでると思うし、人間関係や気づかいが大変そうだし



          そういう意味で荷物の仕分けは何も考えなくていい。記号を見てそれ通りに仕分けるだけ。その代わり重いって感じ。ボックスに積み込むときはいかにたくさん積めるかというのは考えるけど








          zakkaに行っておはしを買った。

          zakkaに入った瞬間、とっても気持ちのいい笑顔で迎えてくれたオーナーさん、スタッフさん


          オーナーさん、背筋がピンと伸びていて目はきらきら輝いて、いつも笑顔。キビキビ動いて美しい人


          どんなお客さんでもあの笑顔で迎えるのだろうなぁ


          すごい







          そのあと久しぶりに古着屋さん行ったんだけど、めちゃかわいい刺繍のスカートが!!!今日はウィンドウショッピングでこらえました。目の保養

          店員さんが目を合わせてありがとうございましたと言ってくれてうれしかった。(わたしは何も買わなかった)



          店員さんたちはもしかして仕事用の笑顔かもしれないけど、うれしい。人としゃべるのは楽しい



          今日は生きててよかったなぁとふんわり思ったのでした






          「はたらく」というのは「はた(他の人)」を「らく」にすることだそうです


          なるほど


          さびたものの美しさ

          0






























            さびたものを美しく感じるようになった。


            この写真は海辺だから潮風でさびるのだろう


            でもふつうよりもっとうつくしく感じてしまうのは3.11の津波があった地域だという先入観のせいでしょうか



            あの日の大きい津波を経験したからこんなにさびたの?ひびが入っているの?


            ただのわたしの色メガネを通した視点かもしれないけど




            悲しみの後の美しさ








            浜辺を歩いてたら誰かがつくったハートを見つけた




            なぜか自分の足を写した写真が多かった

            さまざまなアイデンティティを持った人々が共生している

            0
              本当にいろんな人がいる。

              ひとつの会社でも社員、契約社員、2ヶ月の短期バイト、一日だけの派遣のバイトの人



              人って見ただけでその人の色んな情報が伝わってくるもんだなぁと感じています


              今のバイト先、力持ちのムキムキハキハキの兄ちゃんが多いかと思いきや…



              乙女みたいに内股でなよなよしてる男性

              なんか変な雰囲気の人

              学校の先生みたいに誠実で大きい声でしゃべる人


              大きい声で伝えるのが好きな人

              大きい声は出さずに仕草で伝える人

              話すコミュニケーションが苦手な人

              モノマネが好きで盛り上げる人

              だらだらだるくてやる気なさそうなおじさん


              髪がお尻くらいまである社員の男の人

              相撲取りみたいな体格の人


              ひとりひとりが会社の一員であり、支えてる


              誰がダメとかない



              ただ、送迎バスの運転手さんを見ていて、やはり大きい声で「おつかれさま」と送り出してもらえるとうれしいし、気持ちいい。夜勤明けでバスを降りて行く人も「ありがとうございした」てうれしそう。

              乗るときも「おねがいします」て乗ってく人がいて、運転手さんで無視する人とあいさつしてくれる人がいるけど、あいさつしてくれるおじさんがいい。

              バス乗るときも運転手さんを見て「あ、今日はこの人だ」てテンションあがるときと下がるときがある。あいさつしても無言な運転手さんだと乗る人もそれがわかってるからか、ほとんど無言で乗ってく。


              本当世界はその人の鏡であると思う。


              自分が内にこもると、相手も内にこもるから交流できない。さみしいぎすぎすした世界をつくってしまう



              わたしは元気なあいさつができるタイプではないし苦手だけど、世界ってこうなってるんだと思った







              初めての夜勤

              0
                行くときは送迎バスで向かうのだけど、お台場方面にいくからまるで夜のドライブみたい。

                夜景がキラキラ。

                観覧車の電飾、東京ベイブリッジ?の電飾すごい


                遊園地に向かうような感覚


                都会の夜景



                車内はなぜかjwaveがかかってて偶然ジャズが流れる

                なんだか高まる期待とわくわく!


                眠くなるんじゃないかという心配はいらなかった。ずっと終わりなく荷物がくる。それを積むだけなんだけど


                水とか30キロのお米とかめちゃ重い。


                腰が折れそう…


                周りを見てもほとんど女性はいない


                トレーニングとかちゃんとすれば、そりゃ男性と同等に動けると思います



                持ちあげるのがやっとの荷物を男性は軽々と持ち上げて上に乗っけるから本当すごいと思う。かっこいい



                というか、男性と女性って能力が違うと思った。言い訳ですが。

                やっぱでっかい大道具とか力仕事は男性がやるのが効率が良い。女性は料理とか洗濯とか裁縫とか細々したことの方がいいかも。

                昔は「男は力仕事、女は家事」みたいな性による仕事の差別の様なものが嫌で、そんなことない!女だってできるもん、って思っていたけど、今は重いものは男性に持ってほしいと素直に思う


                もちろん重いものを持つ配達の仕事をする女性の方々、大工を目指す女性のことを否定はしません。すごいと思うし、応援したいと思う、尊敬します




                みなさんに助けてもらいながらやってます。スタッフはみんな仲良くてやさしいです。


                制汗スプレーをちゃんとする男性を見てわたしよりちゃんとしてる!と思いました。そこいらの男性より汗臭い自信がある


                朝4時半くらいに夜が明けてきて、朝日がまぶしくて


                朝がくるってすんごいうれしいよね!!

                朝日ってすごくきれい。徹夜あけだから?

                これから毎日オールの日々


                荷物が次の日届くのはこのような徹夜で働いてる人々がいてできるサービスなんですね(当たり前か


                この腰が丈夫な限りがんばってみます









                宅配便の仕分けバイト

                0
                  送迎バスが迎えにきて、みんなで乗り込んでいきます。


                  高速バスのような大きいバスにはクロネコのマーク。いいね


                  並んでいる人もスーツを着ている人やおじさんおばさん学生みたいな若い子。老若男女いろいろ


                  面接行くときもそれに乗っていった


                  前に並んでたおじさんに「この列ってみなさん面接の人ですか?」


                  と聞くと「うん、まぁそう…」みたいな返事


                  乗ってから気づいたけど、もう働いてる人もみんなこのバスに乗って通勤するんだ


                  到着してみんなが降りていくと、さっき声かけたおじさんがわたしの席を通り過ぎるとき「君面接なんでしょ?おいで」と手をひょいひょいとして「案内してあげる」と2階の面接会場まで一緒に行ってくれた

                  おじさん、めっちゃやさしい(;_;)


                  そんなこともあり、ここで働くことにたいそうわくわくしてきました

                  面接のとき説明で送迎バスのことを「ネコバス」と呼んでて、それも胸をつかまれました



                  となりのトトロか!笑


                  通勤時は毎日ネコバスに乗れます。笑


                  運転手の人、めちゃくちゃ仏頂面な人とそうでない人がいます。それもまたいい


                  この会社の姿勢が好きです

                  外国人の人もちゃんと雇っているし、
                  東日本大震災の義援金を一個の荷物につき10円寄付しているらしいし(それは相当すごいことらしい。今はもうしてないのかな)、会社には車椅子で働いてる人もいた

                  年齢も性別も国籍も障害も、多種多様な人がひとつの会社にいるっていいなぁと思います


                  今回初めての夜勤。できるか少し心配ですが、梅干し食べて乗りきろうと思っています



                  梅干し食べてスッパマーン


                  今日はちゃんと部屋のそうじしたし、鏡でちゃんと自分の顔見たし、いい感じでねえか




                  会社の敷地から撮った写真。東京て感じの風景






                  働けるって嬉しいなー。働くの久しぶりだから、ちゃんとした体づくりしなきゃな




                  ごはん写真

                  0
                    突然の断水がありましたが、なんとか営業しました。






                    ズーム!

                    たかきびとお豆のハヤシライス。定番メニューにしたいくらいおいしかった



                    おかずとスープ





                    まんじゅう





                    あんこはみだしまんじゅう



                    そしてあんみつ









                    断水中、水を汲みにいった。(洗い物に使う様)



                    映画アレクセイと泉を思い出した。

                    チェルノブイリの事故で放射能に汚染された村に住み続ける人たち。

                    その村の泉のお水は何度検査しても放射性物質が検出されない

                    不思議な泉


                    水道はないからみんな泉に水を汲みにくる。水が汲めなくなったら生きていけないということ



                    汲んできた水は一滴もムダにしねえぞ!て思ってたのに、断水が終わって蛇口から水が出たらジャバジャバ使ってる。最低人間のわたし


                    人は本来生きるために水を汲んで、畑で食べ物をつくって、寒いから薪を割って…てそういう営みだったよねと思い出す


                    水って本当ありがたいーーー

                    蛇口から水がでるってすごい便利

                    水は重い

                    電気水道ガスのライフラインをすべて自分でなんとかできない、お金を払って企業に任せてるっていうのはまずいっすね

                    正直今まで、震災とかあったときの備えとかしないタイプで死ぬときゃ死ぬわと思ってたけど、水はためといた方がいい!と深く実感しました



                    いろいろ考えた断水事件でした


                    この日サッカーのワールドカップ最終予選で夜は静かかと思いきや、お客さんきてうれしかったです



                    次回は6月18日(火)に営業します!よろしくお願いします



                    6/4(火) まんじゅう 祭 メニュー

                    0
                      6月に入りましたね。時間が過ぎるのは本当に早いものです


                      明日のお食事

                      たかきびと大豆のハヤシライス
                      かぶのスープ
                      さつまいもとすっぱい甘夏のマリネ
                      トマトときゅうりの寒天寄せ
                      青菜と油揚げの煮浸し


                      おまんじゅう

                      しょうがまん
                      もう1種類、ムフフなものを作ります



                      もちきび大福or冷たいおしるこをつくる予定です


                      お楽しみに!


                      30前の焦り

                      0
                        みなさん、こんばんはー!


                        28歳のわたしは


                        仕事このままでいいのか
                        結婚とか
                        妊娠とか
                        出産とか



                        20代後半てなんか少し焦る



                        もう焦ってもしょうがあんめえ(しょうがあんめえ=しょうがないの意。会津のなまり)

                        とは思います

                        30になった途端、すこし自分を認められるものなのでしょうか


                        すてきな先輩は言ってました

                        30前の女性はいろいろ考えるよね、と





                        わたしは自分が自分を認めてあげられない限り、その穴を恋人や甘いものを食べることでうめる傾向がありまして


                        なんだか、それは本当の恋愛ができない気がします。


                        ただの依存関係。



                        さみしい気持ちを恋人と一緒にいることでまぎらわしたり


                        甘いものを食べてごまかしたり




                        ひたすらおなかいっぱい食べて、動けなくなるまで食べて思考を停止させてみたり


                        (今仕事やめて2週間で3キロ太りました。やることがないのと、お金の不安をまぎらわすためかなぁ)




                        みんなどんどん結婚妊娠出産


                        みんなどんどん独立して自分の店を始める


                        今年はそういう年かしら?



                        人の幸せはそれぞれ全然軸が違うわけですが



                        今日の服部みれいさんのブログ

                        「何者かになろうとしないで自分自身になって」

                        というのが今の自分にしみます



                        わたしは萎縮しないでのびのびと積極的に仕事をしたいです

                        calendar
                            123
                        45678910
                        11121314151617
                        18192021222324
                        252627282930 
                        << June 2017 >>
                        PR
                        selected entries
                        archives
                        recent comment
                        recommend
                        links
                        profile
                        search this site.
                        others
                        mobile
                        qrcode
                        powered
                        無料ブログ作成サービス JUGEM